So-net無料ブログ作成
映画・テレビ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

24 シーズン5・・・今回もハマってしまった。 [映画・テレビ]

前回も書きましたがシーズン1の時ほど熱中はないだろうなぁ~、といつも思いながら新しいシーズンのシリーズを借りている『24』。
今回も最初の何話かはフ~ンと一週間に一本のペースで見ていたが、途中から止まらなくなってしまい毎日近く、一本~二本借りてます。
ひょえ~、こんな展開になるのかよ~と驚きの連続。
最初、この人怪しいと思わせといて、どんでん返しというこのパターンに毎度ひっかかっていますわ。
全12巻中、これから観ようと思っているのが11巻。
あと4話と終わりももう近い~ワクワク

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/24
  • メディア: DVD


・・・という事でもかのお相手を殆どしていませんでした(^_^;)
『僕とも遊んでよー』と言われている様でもかと目も合わせられません

もうちょっとだけ待って下され、、、


nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:テレビ

24 [映画・テレビ]

始まってしまいました~。
とうとう最新作(と言っても昨年の9月になるが)『24 シーズン5』のDVD1巻をレンタルし見始めたのだ。
実はこのシーズン5は昨年も二度ほど借りているんだけど、折角借りたのに見ないで返してしまった。
理由という程のものも無いんだけど何時でも見れると置いといて、気が付いたら一週間が経ち、あ~見れなかった~と言いながら返すというパターン。
しかし見始めたら止まらない。
シーズン1に比べると見慣れたのか夢中度は減少したけれど、しばくらくは借りまくるでしょう~
しかし今回の物語もいきなり最初からビックリしたなぁ。
そう来るか~って感じ。

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

24 -TWENTY FOUR- シーズン5 DVDコレクターズ・ボックス

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/24
  • メディア: DVD



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

007/カジノロワイヤル [映画・テレビ]

久しぶりに映画を観てきた。
なんだっけ・・
『ワールドトレードセンター』以来です。(これも見応えあった)
今年の正月映画はイマイチで何を観るか迷っていた。
その中で最初は全く興味を示さなかったある作品がどうも評判が良いとの事。
結果、ソレにしました。
『007/カジノロワイヤル』です。
で、観た感想はと言うと予想外に面白かった!


007シリーズは以前にピアース・ブロスナンの一作品を観ただけで有名なショーン・コネリーのも観ていなかった。
この夏に見たトム・クルーズの『ミッションインポーシブル』よりも展開も楽しめる。
最後まで何が起こるか分からずスケールも大きい。
主役、ボンド役のダニエル・クレイグは今までは知らなかったが役に上手くハマり渋くニヒルで格好良かったです^^
あっ・・・知らないと思いちょっとHP調べてみたら過去に見たトム・ハンクスの『ロード・トゥ・パーディション』に出ていたんですね。
全くどの役か覚えてませんが。

一つ気になる点を言ったら今回の作品はボンドが007になるまでの物語との事。
一体いつ頃の設定なんでしょう?
どうみても現代なんですが・・・^^;
だって911事件の話しはするし、ソニーエリクソンの携帯は出てくるし、VAIOのノートパソコンなど・・・
そんな昔では~と思うのですが。
そんな細かい事を気にするな!かな~。
いやぁ~まぁ別にいいんですが。

面白かったから良しにします

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション

007 ロシアより愛をこめて アルティメット・エディション

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2006/11/22
  • メディア: DVD

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ま・・・別にいいんだけどさ [映画・テレビ]

新番組の「恋愛リアル」を見てみた。
南海キャンディーズの山ちゃんの告白はどうでも良いのだが^^;
川村ひかるが、なぁ~んと山本耕史君に告白をした!
お気に入りの役者の一人なんで、チョット「え~~!」って感じだった。
おまけに山本耕史君は「今度ご飯に行きましょう」みたいな感じで答えていたのだ。
う~ん、うらやましい。

こっちはステージの上にいる姿しか観れないからなぁ~
昔、「RENT」のミュージカル番外編みたいなもので拝見をした。
おとなしそうな子のイメージ(ひとつ屋根の下・・より)があったのだが以外と男っぽいんだよね。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「ウォレスとグルミット」「ナルニア国物語」 [映画・テレビ]

昨日は試写会で「ウォレスとグルミット」と、劇場公開初日に「ナルニア国物語」を見てきた。
ウォレスとグルミットは初めて見たのだが、これはハマリそう(^^)
可愛いし、内容も面白い!
この二人ってまるでスター・ウォーズのR2D2とC3POの様だな~
今回登場したウサギ達がなんていうか、、、鼻はまるで豚の様だけどとってもキュートでたまらない♪
前回は羊が出た様だが、こちらも是非見てみたい。
これが手作りのクレイ人形で一こま一こま撮っているのかと思うと凄すぎる。
明日のアカデミー賞では宮崎監督作品、ティム・バートン監督作品と戦うのだが、オスカー像を誰がいただくか気になる所だ。

ナルニア国物語はやはり迫力があり、あっという間に物語に引きずりこまれる。
ディズニーの配給だしロード・オブ・ザ・リングに比べ物語は甘い点もあるのだが、大人向けのロード・オブ~に比べ、ナルニア国~は子供向けファンタジーだからそこは仕方ない。
ライオンはCGですよね~
堂々とした動き、まるで本物の様で素晴らしいです。
ルーシーって人間界?にいる時は末っ子でまだまだ甘えたい年頃の女の子なのにナルニア国に行くと何故か一人の女性?色気もあり大人びて見えるね。
特にタムナスさんと一緒にいる時に思ったのだ。
でも目がクリクリしていて可愛く今後の気になる子役だ。
白い魔女の人は最初ケイト・ブランシェットと間違えちゃった!
似ているけど他のイギリス人女優でした。
氷の様な冷たい表情がとても印象的です。

この物語は7作あるんですよね。
ロード~やハリポタに続き、続編を楽しみに待っています。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アカデミー賞ノミネート作品 [映画・テレビ]

今年のオスカーのノミネート作品は殆ど気になる作品ばかりです。

『ブロークバック・マウンテン』は、あるカウボーイの同性愛を描いた作品ですが試写会で見た友人の話によると、この時代(1960年代)は今の様にオープンにする事が出来なく、知られたら差別的扱いを受ける為に絶対に隠さなければならない、とてもせつなく悲しい話しらしいです。

スピルバーグ監督の『ミュンヘン』も気になるところです。
近いうちに見に行こうと思っていますがミュンヘン五輪の時のテロ事件を描いた作品なので物凄く重そうなテーマだから見終わった後はグッタリするかもしれません・・^^;

同じく試写会で見た友人の話によると『クラッシュ』は最高に素晴らしい作品らしい。
ぜひ見たいと思っているのですが、こちらもテーマが重く人種差別を扱った内容でしたよね。

他には実在の人物を描いた『カポーティ』、ジョージ・クルーニ監督作品の『グッドナイト&グッドラック』と興味深いです。

個人的にあまり好きではないリース・ウィザースプーンが主演女優賞を取りそうですね。
主演男優賞はゴールデングローブ賞を取ったホアキン・フェニックスが強いかも。
でも『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマンというのも有り得そうですね。
またはヒース・レジャーが来たりして。
助演女優賞は全く誰が取りそうか分かりませんが、驚いたのはミシェル・ウィリアムズがノミネートされていた事。
現在はヒース・レジャーの奥さんですが、私はWOWOWで放送していた青春ドラマ『ドーソンズクリーク』のジェン役に人、というイメージが強かったので映画関係で、それもアカデミー賞で関わってくるとは思ってもみませんでした~。

そういえば長編アニメ賞は宮崎駿監督はいかがかな?
気になりますね~




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

オリバー・ツイスト [映画・テレビ]

オリバー・ツイストを見てきました。
最初に映画館に着いた時、チケット売り場が行列となっており驚きました。
上映してダイブ経つと思ったていたので、まだこんなに人気があるのかぁ、、と。
前売り券を持っていたのですが1階のチケット売り場で別の券と交換しなくてはならず仕方なく並びました。
どうも混んでいたのは有頂天ホテルの様で、さすが三谷さんの映画は大人気ですね。
オリバーは余裕で座れました。

内容はと言うと、それほどスゴイ感動まではいかなかったけど主役の子は可愛いし、それなりには楽しめたかな。
でも子供向けのお話しですね。
小公女やアニー、etc・・・そんな感じの物語に感じました。

前にレンタルで昔のオリバーのビデオを借りた事があったけどミュージカル調になっていて何故か途中で寝ちゃいました・・^^;
でも当時の主役のマーク・レスター君も可愛かったですよね~。
彼の作品で小さな恋のメロディは小学生の頃に見ましたが、なんて可愛い男の子がいるんだろう!と、とても気に入った覚えがあります。

しかし、あの時代(何世紀か分かりませんが^^;)のイギリスは恐ろしいですね。絞首刑が頻繁に行われてたらしく市民も普通に見ていて、とてもじゃないけれど理解出来ません。
イギリスに限らず、どこの国でもあったんでしょうけれどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

英国出身俳優さん [映画・テレビ]

イギリス関連の話の続きですが、
先日、本屋さんで『新しき英国映画のプリンスたち』と題したイギリス出身の俳優の写真集を立ち読みしました。

載っていたのはヒュー・グランドやオーランドー・ブルーム、ジュード・ロウ、ユアン・マクレガー、ルパート・エバレット、レーフ・ファインズ、ジョゼフ・ファインズ、ダニエル・ディ・ルイスなどで、
あっ!コリン!!と思ったら、、、
コリン・ファレルだった・・。
え~彼がプリンスなんて~~(@_@;)
そしてコリン・ファレルが載っていてコリン・ファースが載っていないとはぁ~;;
私事ではあるが、違うよぉ~~と思ってしまった;;
決してコリン・ファレルが嫌いなわけではないけどね。
でも同じアイルランド出身なら、まだリーアム・ニーソンの方が紳士ぽく見える。
ケネス・ブラナーやアラン・リックマンなど渋い俳優も載っていたのに・・シクシク

その後、調べた結果『英国映画の美しき貴公子たち』にはコリン・ファースも載っているみたいだが結構古い出版物だった。

そうそう、ダニエル・ディ・ルイスはイタリアで俳優業を休職し靴職人をしていましたが、最近映画を撮っていたみたいですね。
完全復帰か分かりませんが、素晴らしい俳優なので是非またスクリーンでお目にかかりたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「プライドと偏見」と「高慢と偏見」 [映画・テレビ]

最近はブログのページを開くのに重かったりで待ちきれず他のサイトに行ってしまい殆ど放置をしていましたが、
しばらくこない間に少しづつ仕様が変わっていたんですね~。

先週、『プライドと偏見』を見に行った。
実は『ブリジット・ジョーンズの日記』以来、コリン・ファースが大好きになり、彼の出演したBBC放送のテレビドラマ『高慢と偏見』が見たくて見たくて仕方なく、でも以前放送したというNHKも今では版権がないそうで、、、。
WOWOWでも良いし、どこかで放送してくれないかなぁ~とずっと待っていた。
そしたらある日、渋谷の書店に行ったらビデオで販売をしていた。
だが、それが今時にしては結構高い。う~ん・・・
レンタルを!と思い地元のTSUTAYAに行ったが置いていなく悲しい限りだった。
しばらく忘れていた頃に昨年『プライドと偏見』の予告を見て「あ・・・これは~」と!でも・・・Mr.ダーシーがぁ~・・・出演者が違うけど・・(;;)、仕方ない・・・ジェーン・オースティンの作品は『エマ』しか見ていないが、是非この作品も見たく思い先週行ったのだ。
物語的には好きな方だ。
ラブ・ストーリー&クラシックドラマだけどコミカルな部分もあったりでとても良かった。
だが、やはり~コリンのMr.ダーシーが見たい!
結局、『高慢と偏見』のDVDを買ってしまったのだ。
やはり、高かったが、、、;;

映画版とテレビ版を比較して、Mr.ダーシーは映画版の方の彼は繊細で神経質そうな、何かに悩んでいるかの様な目でエリザベスを見ていましたね~。
そしてテレビ版のコリンは真っ直ぐな視線で彼女を見ていましたね。
あんなに強い視線でずっ~と見られたらテレビを見ている私までドキドキしちゃいますわ(^_^;)
そうおすエリザベス、、、映画版のキーラー・ナイトレイは若くて可愛い。
それがテレビ版のジェニファー・エイルはなんというか、、、綺麗な方なんだけど先に映画版を見てしまったが為に年増のエリザベスに見えてしまった^^;;;
メリル・ストリープに似ていると思った。
掲示板なんかを見てみると渡辺えり子に似ているとか言われていたし~・・確かに似ている。
でもドラマを見ていく内にクラシックな雰囲気に合い、彼女が魅力的に見えてくるんだな~。
ドラマは5時間、映画は2時間位?なんで無理があると思いますが映画も充分楽しめました♪
もちろん、私はコリン・ファースのダーシーが好みですがぁ~、マシュー・マクファディンのダーシーも素敵でしたよ^^

この映画を見て更にヨーロッパ(特にイギリス)に行きたくなりました。

 

高慢と偏見

高慢と偏見

  • 出版社/メーカー: アイ・ヴィー・シー
  • 発売日: 2002/04/05
  • メディア: DVD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

クリス・ペンが死亡 [映画・テレビ]

ショーン・ペンの弟、米俳優のクリス・ペンがロサンジェルスのアパートで亡くなっていたらしい。
まだ若いのに、、、驚いた、、、。
『レザボアドッグス』などに出演し、脇役が多く兄とは違うタイプだが個性派役者として良い俳優だった。
何があったのか分からないけど残念です。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 映画・テレビ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。